歴史一覧

【韓国】 ソウル・仁村路の名称変更へ、目的は「親日清算」~親日行為をした人物の号に由来した名称だから

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/05(水) 00:44:35.79 ID:CAP_USER

 ソウル市城北区は4日、「親日の残滓(ざんし)を清算する」として、区内にある道路「仁村路」の名称を変更する方針を示した。「仁村路」は1946年に高麗大学校を開校した金性洙(キム・ソンス)=1891-1955年=の号である「仁村」にちなんで2010年4月に名付けられた。幅25メートルで、地下鉄6号線普門駅から高麗大前の交差点までの全長1.2キロの道路だ。

城北区は名称変更の理由について「金性洙が中日(日中)戦争以降、毎日新報(朝鮮総督府の機関紙)などに、日本の徴兵・学徒兵を支持する文章を寄稿するなど親日行為が認められ、高麗大総学生会と抗日独立運動家団体連合会などから名称変更の要求が相次いだため」と説明した。

韓国の大法院(最高裁)は昨年、金性洙の親日行為を認める判決を下した。今年2月の閣議では、金性洙が1962年に受章した建国功労勲章が取り消された。同月に国家報勲処は、金性洙の生家や銅像など五つの施設物について、顕忠施設(国のために尽くした人をたたえる施設)から外すことを決定している。

道路名住所法によると、「仁村路」が住所に含まれる住民、外国人、事業者の半数以上の同意を得られなければ道路名の変更はできない。城北区によると、対象者は今年3月現在で9000人超で、区はこのうち5000人以上の同意を得ることを目標にしている。

区は今年11月ごろまでに案内文の公告、住民の意見集約を終え、審議を経て住所使用者を対象に書面で同意を得る。新しい名称としては「高麗大路」が候補に挙がっている。

しかし、実際に名称変更が実現するかは不透明だ。歴史学者や市民たちが「仁村・金性洙は国のためにさまざまな業績を残したのに、一方的に批判するのはおかしい」と主張しているからだ。生前、金性洙はひそかに独立運動資金を準備して運動を支援したほか、貧しい学生の支援も積極的に行っていたという。日本による植民地時代には、創氏改名にも応じなかった。

金性洙の故郷である全羅北道高敞郡も、郡内にある「仁村路」の名称変更を検討したが、地域住民の強い反発に遭ったという。

キム・ソンヨプ記者

ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<ソウル・仁村路の名称変更へ、目的は「親日清算」>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/04/2018090403699.html

続きを読む


【韓国】庚戌国恥(韓国併合)、嫌韓、そしてアベ

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/04(火) 14:06:35.68 ID:CAP_USER

(写真)
http://ph.kihoilbo.co.kr/news/photo/201809/767034_231931_2826.jpg
▲ ナ・チェフン(三国志リーダーシップ研究所所長/歴史小説家)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

我々と日本の総理、安倍一家との悪縁は深く、いつまで続くのか気になる。1910年の庚戌国恥(韓国併合)から始まって36年の終止符を打った1945年、日本の降伏当時の最後の朝鮮総督は阿部信行(現日本総理、安倍の祖父)だった。

そして1960年、韓半島(朝鮮半島)を中心とする周辺国の侵略を目的に集団的自衛権関連の憲法改正を推進した岸信介(安倍総理の外祖父)総理(当時)の魂胆は、軍国主義への回帰だった。

1990年代の初めに日本軍『慰安婦』問題が表面化して、彼らの総合月刊誌である『文藝春秋』がこの問題を特別対談記事で嫌韓談論が本格化するが、安倍家は一定の役割をしたと見ることができる。 2013年の総理就任以降、安倍は日帝強占期当時に日本が犯したあらゆる悪事、日本軍慰安婦はもちろん強制的徴用、数多くの人権抹殺事例を否認したり歪曲する事の先頭に立っている。その上既存の村山総理などが発表した謝罪談話まで否定的に貶したり、歪曲解釈している。また何かにつけて独島を自国の領土と主張したり防衛白書、加えて教科書改訂まで躊躇なく主張する。

今年に入って北朝鮮が対話路線に転換したが、北朝鮮を自分らの再武装のテコに(手段と)する慣性は相変わらずである。私学スキャンダル(モリカケ問題)や憲法改正などで支持率が急落する度、北朝鮮の脅威(核・ミサイル)を誇張して苦境から脱する事を躊躇わない。少し前までミサイル避難訓練を実施して、太平洋戦争当時を彷彿とさせる警報システムを稼動して、恐怖心を刺激する事で目的を達するだけでなく、嫌韓感情を積極的に活用する事に安倍は躊躇しないという事実である。特に、嫌韓を煽り立てて巧みに活用する問題は非常に深刻である。嫌韓は韓国、あるいは韓国人に対する嫌悪発言を意味するが、日本の極右勢力、安倍を含む政治・社会・文化界の国粋主義者が、歪曲した民族主義と愛国心を高める為に使っているという点である。

憎悪犯罪研究者のレビンは、『憎悪のピラミッド5段階』を次のように説明している。第1段階は偏見、第2段階は偏見による行動、第3段階は差別行為、第4段階は暴力行為、第5段階は人種虐殺(ジェノサイド)である。

嫌韓を躊躇しない日本の態度を見れば、5段階理論を受け入れる事ができる 彼らは日帝強占期の36年をあたかも正当な事で、安倍は公然と殖民統治を通じて韓半島の近代化を助けたと強調する。偏見にしても、このような偏見はありえないレベルだ。そして現在行っている行動の基礎も同じだ。偏見による行為だ。在日韓国人を始め、南北韓(南北朝鮮)に対する安倍の差別行為は、数えきれないほど経験している。すでに1~3段階も明らかである。集団的自衛権云々だが、これは韓半島を紛争地域化しようとする意図だ。

安倍の祖父や外祖父の時代、彼らは東アジア平和議論の旗印を掲げたが、結局は軍国主義の爪を隠すベールに過ぎず、安倍もその延長線上にいることは決して否めない。彼は陸上配置型迎撃ミサイルシステムのような先端武器導入のため、存在しない脅威まで作り出していないか。

安倍と日本の極右勢力のこのような行為を軽く見たり、嫌韓発言などを一時的な現象で片付けて放置してはいけない。いつ彼の祖父や外祖父がした事のように変わるかも知らない。いや、安倍は嫌韓の確信がある。そうではなければ過去の歴史について、このように韓国と韓国人を見下し侮辱して、攻撃する事はできない事だ。

嫌韓は突発的な現象ではなく、かなり前から訓練されて養成されたものである。したがって我々は嫌韓を構成する成分を一つ一つ解体しなければばならない。そして歴史的、文化的脈絡を超えて作動している嫌韓の構造的問題も同時に考察しなければならない。

長期執権を目前にした安倍総理の動きと発言を、綿密に察しなければならない理由だ。一方で我々自ら内部的に国民全員の一致した協力と和合を成さなければならない。庚戌国恥を終了させた1945年、光復と解放の喜びを改めて楽しみ、記念する事も重要である。その意味をじっくりと考え、今、日本が再雄飛という国家的課題を置き示す安倍の姿に対し、警戒心を持たなければならないだろう。

ソース:畿湖日報(韓国語)
http://www.kihoilbo.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=767034

続きを読む


【VANK】「日本の歴史歪曲が腹立たしい」~青少年、韓国を正しく知らせます

1: Ikh ★ 2018/09/08(土) 23:47:02.31 ID:CAP_USER

(写真)
https://imgnews.pstatic.net/image/016/2018/09/08/20180908000019_0_20180908094040026.jpg
▲ 独島を自国領と主張するなど日本の歴史歪曲が続き、韓国の青少年が韓国を正しく知らせる事に乗り出した。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

■ VANK、『歴史外交大使』の募集に集まり・・・445人今日、結団式
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[ヘラルド経済] 日本の止まらない歴史歪曲に対し、青少年が韓国正しく知らせる事に乗り出す。

サイバー外交使節団パンク(VANK)は独島(トクド)、東海(トンヘ)、日本の歴史歪曲に対応するために募集した『第23期グローバル歴史外交大使』に多くの青少年が申請して、445人が8日ソウル市庁8階の多目的ホールで行われた結団式と教育に参加したと明らかにした。

パンク(VANK)の朴起台(パク・キテ)団長は、「当初100人を選抜する計画だったが “独島を自己地” と言い張り防衛白書に14年間載せるなど、日本の挑発と歴史歪曲に憤怒した全国の青少年の問い合わせが殺到して、審査を経て4倍を超える “予備歴史外交大使” を選んだ」と説明した。

朴団長は、「今回のグローバル歴史外交大使に団体創立以来、最も多い人員が参加した」と明らかにした。

青少年は志願動機として、「ますます深刻化する日本の歴史歪曲と強弁に怒りを感じた」、「これを正すためにパンク(VANK)のドアを叩いた」などと明らかにしている。

23期志望生のカン・ゴンウ君(民族史観高等学校)は、「独島、東海に対する日本の措置や対応を見て常に怒りを感じていた。先進国と呼ばれる日本が果たしてあのような行動がとれるのか疑問だった」とし、「特に独島を自己地と全ての教科書に表記するという教育政策を見て、怒りを通り越して悲しかった」と志願動機を明らかにした。

仁川(インチョン)チョウン高校のカン・イジェさんは、「海外居住の外国人は独島を日本の領土と思っているケースが多い。このままでは後日、独島を日本に本当に奪われるのではないかと思い、独島を通り越して韓国の文化も強奪して行くかも知れないと思い、パンク(VANK)の活動に参加するようになった」と説明した。

海雲台(ヘウンデ)の中学校の在校生イ・ドンウク君は、「日本は独島が自国領土という政府の主張だけではなく、教科書にも表示して国民に間違った考えを植えつけている。たまに地図に “タケシマ(竹島)” と表示されているのを見ただけで息苦しくて火が起こる(腹が立つ)」と“し、「特に今回のアジア大会の南北統一旗から独島を消させた事は、到底理解する事ができない事だった」と打ち明けた。

これらは今後1ヶ月間、全世界の教科書とポータルサイトなどで韓国関連の誤謬(間違い)を見つけて改め、『パンク(VANK)=テロリスト』と歪曲して自国民と世界に知らせる日本の右翼ネチズンに対応する活動を繰り広げる。

ソース:NAVER/ヘラルド経済(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=016&aid=0001438878
※前スレ
【VANK】「日本の歴史歪曲が腹立たしい」~青少年、韓国を正しく知らせます[09/08]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1536405787/

続きを読む


【昭和天皇の87年】 危うい朝鮮半島~伊藤博文は韓国を「世界ノ文明国タラシメン」とした

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/08(土) 12:06:19.74 ID:CAP_USER

https://www.sankei.com/images/news/180908/prm1809080010-p1.jpg
画=豊嶋哲志

アジアの強国となった近代日本の大黒柱であり、大帝とも呼ばれた明治天皇の崩御が、国内外に与えた影響は計り知れない。とくに東アジア情勢は崩御の数年前から揺れ動き、やがて日本と裕仁親王、すわなち昭和天皇の運命を大きく狂わすことになる。

その震源地は、朝鮮半島だ。

そもそも明治維新以降、朝鮮半島は常に日本のアキレス腱(けん)であった。この地に西欧列強の、ことにロシアの勢力が深く入り込めば、極東の安全保障は重大な危機に陥る。

日本が近代化を成功させつつあった頃、朝鮮半島を治める李氏朝鮮は中国(清)を宗主国とする冊封(さくほう)体制(>>1??下にあった。朝鮮の地位が、列強の侵食が進む清の従属国のままでは将来が危うい。明治27年、日本は朝鮮の独立と指導権獲得を求めて清と開戦、勝利する。だが、日清戦争後も情勢は安定しなかった。朝鮮王室を中心とする勢力が、南下政策を進めるロシアに接近していったからだ。

日本は朝鮮の内政改革を進めようとしたが、実権を握る閔妃(ミンビ・>>2??ら守旧派の妨害もあり、成果をあげられなかった。

イギリスの女性旅行家、イザベラ・バードが書く。

「日本が改革に着手したとき、朝鮮には階層が二つしかなかった。盗む側と盗まれる側である。そして盗む側には官界をなす膨大な数の人間が含まれる。『搾取』と着服は上層部から下級官吏にいたるまで全体を通じての習わしであり、どの職位も売買の対象となっていた」

改革が進まない中、日本軍守備隊や大陸浪人、朝鮮訓練隊などが王宮内に乱入し、閔妃を殺害する重大事件が起きる。世界に悪名をはせた乙未(いつみ)事変だ(>>3??。事件の背景や殺害の実行犯については諸説あるが、日本の全権公使、三浦梧楼が主導的に関わっていたことは明らかで、日本外交史上、最悪の汚点といえるだろう。

事件後、国王の高宗はますますロシアに接近、混乱と危機が深まっていく。日露関係は緊張し、日本は国防上、ロシアと開戦せざるをえなかった。

日本が朝鮮半島の指導権を確立するのは、日露戦争に勝利してからだ。日本は明治38年、国号を「大韓帝国」にかえた朝鮮=韓国と第2次日韓協約を締結、その外交権を接収した。ただ、韓国外交を統御する初代統監となった伊藤博文には、韓国の独立までを奪う気持ちはなかった。

伊藤は39年2月、韓国赴任を前にした立憲政友会主催の送別会で、こう演説している。「日本は日本の独立を保全する為め巳むを得ず彼れ(韓国)を保護するにありて決して害意のものにあらざるを知らしむるを要する」

韓国の独立を維持するには、前近代的な政治社会と決別し、法治を根付かせ、文明国の一員となさなければならない。それが自分にはできると、かつて日本の近代化をリードした伊藤は思っていた。

伊藤は赴任後、韓国閣僚との協議会でこうも述べている。「自分ノ此ノ地ニ来任セルハ韓国ヲ世界ノ文明国タラシメント欲スルカ故ナリ」

この言葉に、偽りはなかっただろう。統監の職務は外交だが、伊藤は韓国の政治指導者らの協力を得て、内政改革に奔走した。
(後略:続きは元記事で)

ソース:産経ニュース【昭和天皇の87年】 危うい朝鮮半島 伊藤博文は韓国を「世界ノ文明国タラシメン」とした
https://www.sankei.com/premium/news/180908/prm1809080010-n1.html

関連スレ:【韓国】 伊藤博文が歴史的人物?~「プロデュース48」日本人参加者の発言が物議★2[08/14]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1534256289/

続きを読む


【韓国】 「劉邦が漢をたてる前三千年間、中国は韓国の一部だった」~「韓民族の偉大な精神と古朝鮮の輝かしい歴史」講演

1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/24(火) 12:52:01.42 ID:CAP_USER

http://www.ikoreanspirit.com/news/photo/201807/52026_62133_1452.jpg
▲仙道文化研究院は21日、イルジ・ブレイン・アートギャラリーで民族文化研究院シム・ベクガン博士を招待して「韓民族の偉大な精神と古朝鮮の輝かしい歴史」を主題に仙道文化国民講座を開催した。[写真=仙道文化研究院]

仙道文化研究院(院長キム・セファ)は7月21日、イルジ・ブレイン・アートギャラリーでシム・ベクガン博士(民族文化研究院院長)を招待して「韓民族の偉大な精神と古朝鮮の輝かしい歴史」を主題に仙道文化国民講座を開催した。

シム・ベクガン博士は「周礼、四庫全書、朝鮮王朝実録など国内外の文献資料と考古学などの多様な方法を通じて私たちの古代史を考証した。我が国の史書を通じてではなく、中国の記録を通じて韓民族の歪曲された古代史を体系的に明らかにする成果を成し遂げたと話した。

シム博士はこの日の講座で「中国の記録である山海経、武経総要、太平寰宇記、鮮卑族慕容恩義碑文等で探した内容を根拠に中国で最初に建国された国が古朝鮮であり韓民族が北京の最初の主人として初めての国家をたてた。このようなことを文献で確認したし、また、考古学的に見ても紅山文明の発見で確認された。」と話した。

シム博士は「昨年、習近平主席が米国を訪問した時、トランプ大統領が『習近平国家主席が事実上、韓国は中国の一部だったと言った』と発言したが、事実は文献学的、考古学的にむしろ中国が韓国の一部であった。漢族の劉邦が漢国をたてる以前3,000年間、中国を主導的に支配した国が古朝鮮だった。」と反論した。

シム博士は「この様な偉大な国は偉大な精神がなければできない。韓民族の精神は三種類に要約できる。天符経の「人中天地一」精神と弘益(ホンイク)精神、「一石三極」の精神だ。現代は両極論理が支配して融和と和合を知らずに極端へ行っている。

天地人精神で人間の尊厳性を回復し、弘益精神で私利私欲と利己心を捨て共生公益の意識を回復しなければならない。このような偉大な精神の根元であり、中国の儒仏道の根元がすなわち仙道だ。古朝鮮を建国した檀君の仙道思想は東洋精神の源流で仙人精神、高尚清廉の精神だ。」と強調した。

この日、講座に参加したチェ・ナクソン(56・男)氏は「いつもは分からなかった私たちの古朝鮮の歴史を新たに知った。特に日本の天皇が百済の後えいという歴史的な事実と我が民族の弘益精神と天符経の天地人精神が他の国にはない本当に偉大な精神であることを知ったし、私たちの歴史と弘益精神に自負心が感じられた。」と感想を明らかにした。

釜山から来たアン・ミヘ(56.女)氏は「弘益精神を基盤に輝かしい古朝鮮の歴史が始まったことを知って意義深い時間でした。私益を越えて公益の生活を送った先祖が誇らしいです。」と感想を言った。

仙道文化研究院イ・ムンチャン事務総長は「今回の仙道文化国民講座は現在の韓国人の時代的課題と言える「正しい歴史確立を通した南北統一」という時代的課題を成し遂げるのに役立つと考える」と行事の趣旨を明らかにした。

ソース:コリアンスピリッツ(韓国語) 韓民族の弘益(ホンイク)精神で共生公益を企ててこそ
http://www.ikoreanspirit.com/news/articleView.html?idxno=52026

前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1532354750/
★1のたった時間:2018/07/23(月) 21:04:19.13

おいこら対策

続きを読む


【VANK】「日本の歴史歪曲が腹立たしい」~青少年、韓国を正しく知らせます

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/08(土) 20:23:07.71 ID:CAP_USER

(写真)
https://imgnews.pstatic.net/image/016/2018/09/08/20180908000019_0_20180908094040026.jpg
▲ 独島を自国領と主張するなど日本の歴史歪曲が続き、韓国の青少年が韓国を正しく知らせる事に乗り出した。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

■ VANK、『歴史外交大使』の募集に集まり・・・445人今日、結団式
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[ヘラルド経済] 日本の止まらない歴史歪曲に対し、青少年が韓国正しく知らせる事に乗り出す。

サイバー外交使節団パンク(VANK)は独島(トクド)、東海(トンヘ)、日本の歴史歪曲に対応するために募集した『第23期グローバル歴史外交大使』に多くの青少年が申請して、445人が8日ソウル市庁8階の多目的ホールで行われた結団式と教育に参加したと明らかにした。

パンク(VANK)の朴起台(パク・キテ)団長は、「当初100人を選抜する計画だったが “独島を自己地” と言い張り防衛白書に14年間載せるなど、日本の挑発と歴史歪曲に憤怒した全国の青少年の問い合わせが殺到して、審査を経て4倍を超える “予備歴史外交大使” を選んだ」と説明した。

朴団長は、「今回のグローバル歴史外交大使に団体創立以来、最も多い人員が参加した」と明らかにした。

青少年は志願動機として、「ますます深刻化する日本の歴史歪曲と強弁に怒りを感じた」、「これを正すためにパンク(VANK)のドアを叩いた」などと明らかにしている。

23期志望生のカン・ゴンウ君(民族史観高等学校)は、「独島、東海に対する日本の措置や対応を見て常に怒りを感じていた。先進国と呼ばれる日本が果たしてあのような行動がとれるのか疑問だった」とし、「特に独島を自己地と全ての教科書に表記するという教育政策を見て、怒りを通り越して悲しかった」と志願動機を明らかにした。

仁川(インチョン)チョウン高校のカン・イジェさんは、「海外居住の外国人は独島を日本の領土と思っているケースが多い。このままでは後日、独島を日本に本当に奪われるのではないかと思い、独島を通り越して韓国の文化も強奪して行くかも知れないと思い、パンク(VANK)の活動に参加するようになった」と説明した。

海雲台(ヘウンデ)の中学校の在校生イ・ドンウク君は、「日本は独島が自国領土という政府の主張だけではなく、教科書にも表示して国民に間違った考えを植えつけている。たまに地図に “タケシマ(竹島)” と表示されているのを見ただけで息苦しくて火が起こる(腹が立つ)」と“し、「特に今回のアジア大会の南北統一旗から独島を消させた事は、到底理解する事ができない事だった」と打ち明けた。

これらは今後1ヶ月間、全世界の教科書とポータルサイトなどで韓国関連の誤謬(間違い)を見つけて改め、『パンク(VANK)=テロリスト』と歪曲して自国民と世界に知らせる日本の右翼ネチズンに対応する活動を繰り広げる。

ソース:NAVER/ヘラルド経済(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=016&aid=0001438878

続きを読む


【韓国】 日帝総督に爆弾を投げた姜宇奎(カン・ウギュ)義士義挙99周年記念式開催

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/02(日) 21:06:39.25 ID:CAP_USER

https://img.sbs.co.kr/newimg/news/20180902/201224167_1280.jpg

日帝強制占領期の朝鮮総督に爆弾を投げて民族の自主独立意志を万国に示した姜宇奎(カン・ウギュ)義士義挙99周年記念式が2日、ソウル駅広場で開かれた。

国家報勲処によればカン・ウギュ義士記念事業会主管で開かれたこの日の行事には記念事業会会員と市民など200人余りが参加した。

1855年、平南(ピョンナム)徳川(トクチョン)で生まれたカン義士は教育事業で民族意識を鼓吹することに努め、1919年9月2日、当時「南大門(ナムデムン)停留所」だったソウル駅広場で第3代朝鮮総督として赴任した斎藤実、一行に向かって爆弾を投げた。

斎藤総督の爆殺には失敗したが彼の義挙で日帝警察官1人が亡くなり37人がケガをした。

カン義士は1920年11月29日、死刑執行場で「感想はどうか」という日帝検事の質問に「断頭台上猶在春風有身無国豈無感想(断頭台に一人で立つと春風が漂うんだな、からだはあっても国がないからどうして感想があろうか))と詠じて気概を曲げなかった。

政府はカン義士の功績を賛えて1962年、建国勲章大韓民国章を追叙した。

ソース:SBSニュース(韓国語) 日帝総督に爆弾投げたカン・ウギュ義士義挙99周年記念式開催
https://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1004917005

続きを読む